2012年04月06日

ペンスキーマルテンス式引火点測定装置について

こんにちは。

研究員の田崎です。
I’m TAZAKI the Researcher.
我是研究员的田崎。


今回はペンスキーマルテンス式引火点測定装置について説明したいと思います。
まずは写真から
This time I would like to talk about the Flash Point Measure Device by using the Penske-Martens formula.
First of all, let’s start with the picture.,

这一次我想解释有关潘世奇马腾斯公式的引火点测量装置。
首先从以下的图片先开始



20120406.jpg

こちらの装置も前回の蒸留装置同様に製品化されたオイルが
ちゃんと規格通りであるかを測定するものです。
測定可能な引火点温度が2℃からになっています。
これは、0℃から2℃毎温度上昇時にオイルの入っている窓が開き、
熱源が近付いて火が点くか確認するものです。
故に、引火点を測定できる最少温度は2℃になります。
しかし、当社の油化装置でできたオイルはナフサ分も多く入っているために
できたてのオイルを入れて測定すると2℃でいきなり火が点きます。
実際にマイナスの引火点を測定できるようにする事は可能なのですが、
その付属品が高価だったもので…
そこで!今までに紹介していましたガスクロでナフサ分の割合を測定し、
自動蒸留装置でそのナフサ分を除去したものを引火点測定機で測定するという
3段構えで引火点を測定することにしています。

みんないい仕事してくれます。

This Measure Device is same as the Distillation Device explained last time which could measure the standard of the oil. And the flash point temperature that can be measured is starting from 2℃.
To measure, the window of the box contains the oil will open every 2℃ increase of oil. And this is starting from 0℃. When the window is open, the source of heat reaches there and checks whether it catches fire or not. Therefore, the minimum temperature to measure the flash point is 2℃.
However, our cracked oil contains much Naphtha. Therefore, it can catch fire even at 2℃ when we measure our cracked oil. In fact, we can adjust to measure the minus flush point, but the accessories for it are little expensive….
Then! I decided to use the 3 stages to measure the flash point. First, I measure the ratio of Naphtha by the gas chromatography, which I introduced before. And then, remove the naphtha by using the automatic distillation device. After that, I measure the oil from 2nd step by the flash point measure device. Everyone has done good job !


这台装置跟上次的那台蒸馏装置是一样会自动测量商品化油的正常标准。可测量的引火点温度是从2度开始的。
因为入油口会每从0度上升到2度的时候打开以及要确认一下火点有没有接近到热源。因此,可以测量到引火点的最低温度是2度。

但是,当使用公司的油化装置所提炼出来的油去做测量的时候,由于含有大量的石脑油而导致了火会突然在2度时点着。实际上是可测量到负的引火点,但是就是因为那件附属品太过的昂贵了所以…

在那里!我决定用3个阶段来测量引火点,如到目前为止所介绍过的,用气相色谱来测量石脑油的比例,用自动蒸馏装置来把多余的石脑油给去除,还有用引火点测量机来测量。它们都帮了我不少忙。



北九州研究所 田ア
posted by リサイクルエナジー at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究・開発関連

2012年03月30日

2012 NEW環境展 出展のご案内

株式会社リサイクルエナジー(CFP Group)は、
5月22日(火)から25日(金)まで 東京ビッグサイトで開催される
「NEW環境展」に、今年も出展いたします。

日々研究・開発を進めております廃プラスチック油化装置に関する
最新情報のパネル、最新型のラボ機、
そして、新たに取り扱いを始める発電式油化装置などを
展示させていただく予定です。

弊社ブースへの皆様のお越しを心よりお待ちしております。



会場:東京国際展示場(東京ビッグサイト) 東展示棟
会期:会期: 5月22日(火)〜25日(金)
午前10時〜午後5時 ※最終日のみ午後4時まで




【NOTIFICATION】exhibiting at N-EXPO 2012 in Tokyo

RECYCLE ENERGY CO., LTD. will also exhibit at N-EXPO this year. The exhibition will be held in Tokyo Big Sight during May 22nd – 25th.

With daily progress of developing and researching on our waste-to-fuel plant, we will demonstrate our newest pilot plant. Besides another oil-converting plant exclusively for power generation will be introduced at our booth.

Welcome to visit our booth.

Location: East Bldg., Tokyo Big Sight
Date: 10:00-17:00 on May 22nd – 25th (the last day closes at 16:00)
Booth No.: coming soon




【参展通知】2012 东京NEW环保展

日本環能股份有限公司今年也將出展環保展,展會將在5月22日到25日期間、於東京國際展示場舉行。

我们将展示最新的炼油实验机,另外还将在场详细介绍一款新的发电专用的炼油设备。

欢迎到场参观。


地点:东京国际展示场 东展示栋
日期:5月22日〜25日10:00-17:00 (最终日提前于16:00结束)
摊位号码:近期告知
タグ:展示会
posted by リサイクルエナジー at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会 OUR EXHIBITION

2012年03月23日

四川省環境庁来日&装置見学

2012年3月2日 四川省環境庁来日&装置見学
A Visit by Officers of Sichuan Environment Ministry (March 2nd, 2012)
2012年3月2日 四川省环境保护厅视察


去年8月に四川視察ミッションの際、現地でお世話になった四川省環境庁が、本日弊社を訪問してくださいました。限られた時間で5kg機の稼働状況を見て頂いたり、プレゼンの後意見交換したり、50kg機まで見学して頂けました。来年も広島に来られるとの事で、その際実機を見せられたらと思い、社内一同、精一杯頑張っていきたいと思います。
The hospitable host “Sichuan Environment Ministry” during the time when we visited Sichuan was coming all the way to our office in Japan this time. Despite of the limited time, they saw the actual operation of our pilot plant (processing ability 5kg/h), exchanged opinions with us after the presentation, and paid a visit on another bigger plant (processing ability 50kg/h). They will come visit Hiroshima again next year and we will make every effort to show them how well we are running the oil-converting business at that time.
去年八月当我们到四川访问时受到当地四川省环保厅诸多的招待,今天他们来到我司亲自视察。在有限的时间裡他们看了小型实验机的运转实况、简报后和我们交换了意见、还观摩了一小时处理50kg废塑料的另一台实验机。明年他们将再度拜访广岛,为了到时能让他们看到我司炼油事业蓬勃发展,我们将团结一致努力朝目标迈进。


20120323_1.jpg


許慧穎(海外営業担当)
Keiei Kyo (Overseas sales)
许慧颖(海外销售)
タグ:視察
posted by リサイクルエナジー at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 装置見学・視察

2012年03月22日

A Visit by Inspection Group of Singapore Environment Ministry

2012年3月7日 シンガポール環境省視察団来日&装置見学
A Visit by Inspection Group of Singapore Environment Ministry (March 7th, 2012)
2012年3月7日 新加坡環保局視察團訪日


この度はアジア低炭素化センターよりお誘い頂き、シンガポール環境省視察団が来日する際の日程の一環として弊社油化装置を紹介することになりました。
Thanks to Kitakyushu Asian Center for Low Carbon Society, we are pleased to have the chance to introduce our oil-converting plant to the inspection group of Singapore Environment Ministry while they visit Japan.
我司有幸受到亚洲低碳中心的邀请,于新加坡环保局视察团访日时做为行程的一部分来介绍我司的炼油设备。

シンガポール環境省視察団とは、シンガポール環境省の下部機関である環境研究所を主体に、環境関連企業・大学の産官学のミッション団で、総勢23人です。そのうち油化装置の導入を検討している最中の企業もいらっしゃいますので、アプローチする最高のチャンスです!
The inspection group includes mainly members from environment laboratory (subordinate agency of Singapore Environment Ministry), environmentally-related enterprises and universities – totally 23 people. One of them is a private company with the plan to buy an oil-converting plant in progress so this is our best chance to promote our product!
新加坡环保局视察团的成员包括了环保局下属机关的环境研究所、以及环保关联企业和大学 ,总共23人。其中有一家企业正好在检讨购买炼油设备的细节,所以这正是我们宣传的好时机!


始めはプレゼンですが、SG政府向けの特別な提案も盛り込んでいるので、皆様はとても熱心に聞いてくださいました。その後質問応答の際、たくさんの質問を寄せて頂き、高い関心を持たれていることが伺えます。
We started with a presentation with special proposals exclusively for SG government so everyone was listening to it with concentration. After that in the Q&A corner we got a lot of questions – a good sign to know that people were highly interested.
首先我们准备了一场发表会,还特别加入了针对新加坡政府做的提桉,每个人都非常专注地聆听。之后的问答时间大家都很积极提出问题,可见感兴趣的程度之高。


20120322_1.jpg


プレゼンの後は弊社の北九州研究室に移動し、パイロット機(5kg機)が実際に稼働しているところを見学して頂きます。採油する時は皆様が一斉に写真を撮られていました。
Then everybody was moving to our laboratory in Kitakyushu to see the actual operation of our pilot plant (processing ability: 5kg/h). Everybody snapped a picture when the operator was extracting the cracked oil from the machine.
而后一行人到我司北九州的研究室参观实验机实际运作的情况。当我们在採油的时候镁光灯闪烁不停。

20120322_2.jpg


本日の油化材料は容リペレットですが、他の油化材料と分解油も展示しております。
Today we used pellets made from household garbage such as plastic containers and shopping bags as feedstock and we also demonstrated other samples of waste plastics and oils.
今天我们使用的材料是一般家庭垃圾中废塑料加工后的粒子,另外还展示了其他种类的塑料原料和分解油。



20120322_3.jpg


今回はアジア低炭素化センター様の御好意及びシンガポール視察団の御希望で、他社への見学より2倍の時間を割いて頂き、大変感謝しております。これを機に弊社の油化装置の良さを知って頂くことができ、今後も継続的に来日された皆様と交流していきたいと思います。
Due to the favor by Kitakyushu Asian Center for Low Carbon Society and the request from SG inspection group, we had double time to introduce our plant. We believe this is a good opportunity to let more people know the goodness of our plant and we would like to keep in touch with everyone who had ever visited here from now on.
这一次由于亚洲低碳中心的盛情以及新加坡方面的要求,我司介绍和展示的时间比其他公司多了两倍。藉由这次机会我们让更多人知道炼油设备的优点,今后也希望和访日的各位继续保持联络。

国内営業 佐藤弘樹
Domestic Sales Hiroki Satou
国内销售 佐藤弘树
タグ:視察
posted by リサイクルエナジー at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 装置見学・視察

2012年03月21日

自動蒸留装置のご紹介

こんにちは。
研究所より、装置のご紹介をさせていただきます。

今回は自動蒸留装置についてのお話をしようと思います。
まず、写真です。

I’m Tasaki, the Researcher.
This time I plan to talk about the Automatic Distillation Equipment.
First, here is photo.

我是研究员田崎。
这次的话题是关于自动蒸馏装置。
首先,是张照片。



20110321.jpg
           
この装置は基本的にガソリンや軽油等の商品となったものが
ちゃんと規格に当てはまっているかを確認するものです。
この装置で確認し出荷しているそうです。


しかし、当社ではできたオイルがどのような性状かを判断するために
使用しているために従来の使用方法とは若干異なっています。
そのために未知のオイルを測定する特別設定になっています。


基本的には初留点(オイルを蒸留した最初の一滴が滴下する温度)から
終点まで測定し、残油量、全留出量及び減質量を測定してくれます。

また、気圧補正もしてくれて大変頼もしい仲間です。


また、今回は紹介しませんが、
残留炭素分測定するミクロ残留炭素分試験機に必要な10%残油を
自動的に作ってくれたり、
酸化安定度を測定する分析機器のランシマットを使用する時に
ナフサ分除去も自動でしてくれる仕事人です。

この装置が来るまでは、
湯煎でナフサ分除去を行っていたのでもうどれだけ助かっているか!

少しだけ早く帰宅できるようになりました。

This Equipment is basically used to check whether the gasoline, kerosene, etc. are applicable to the standard as production. After checked by this equipment, the production can be delivered.

But, we are using this equipment to determine the property of oil that we get from our test. Therefore, the usage is actually a bit different from usual. The setting of this equipment is adjusted for our usage (special) to measure the unknown oil

Basically, this equipment measures from the initial boiling point (the temperature to get the initial drop of when the oil was distilled.) to the end point. Also, it measures the amount of residual oil, a total amount of distilled and the mass reduction. Besides, it helps to correct the pressure. Now it became very reliable member of our team.

Even if I do not introduce this part, this equipment can produce automatically 10% of the residual oil that is necessary for the micro carbon residue test machine to measure the carbon residue. And it automatically removes the Naphtha when we use Rancimat, which is analytical instrument to measure Oxidative Stability. Until I receive this equipment, I removed the Naphtha by using the boiled water manually. Now it is really a big help to me!

Because of it I can go home little earlier now.


这台装置基本上是用来验证如汽油和柴油等产品有没有很好地达到符合的标准而设的。听说已有产品通过这台装置验证过后在出货了。

但是,为了判断在本公司所生产的汽油会有什么样的性状和其使用,跟原先的使用方法是有若干不同的。为此,为了测量未知的汽油而特别设定的。

基本上测量的过程是从初蒸馏点开始到终蒸馏点(蒸馏过的汽油的第一滴滴下来的温度)的,这其中也包括了残油量,全留出量以及减资量。此外连气压补正这点也能够做到真的感觉到很可靠。

这次还没介绍过的,为了测量碳渣这台微碳渣试验机会自动的提炼出所需要的10%余剩油来。除此之外,使用这台分析设备的分资法来衡量氧化的稳定性时,石脑油也同时能自动的被去除掉。在这台装置被送到这里之前,都不知道花了多少工夫去进行石脑油的去除工作,真的帮了好大的忙!

这让我省了不少时间而可以早点的回家去。


北九州研究所 研究員 田ア
タグ:研究
posted by リサイクルエナジー at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究・開発関連

2012年03月07日

Plastindia2012

2012/2/1〜6にインドのニューデリーで開催されたPlastindia2012に出展しました。
Our company attended the plastic exhibition “Plastindia2012” during Feb. 1〜6, 2012 in New Delhi.
我公司于2012年2月1日到6日期间,参加了在印度新コ理举办的Plastindia塑料展。


展示会は一つの町程の広大な土地で開催されます。
あまりにも広いのでこのような会場内巡回バスが走っている程です。
This exhibition was held in huge space which could fit one city.
It was too hard to reach by walk till the end, so that the organizer supplied free buses for visiters in this exhibition area.

展会在像一个城市那麽大的地方举行。
土地宽广到会场内还有循环巴士可搭。




P1130105.JPG


初日から最終日まで想定以上の各国からの訪問者の方に恵まれました。
We had many visitors from various countries during Plastindia which we couldn’t expect.
自始至终都有各国的参观者造访我们的摊位。


DSC_0167.JPG

油化装置と樹脂供給に関して、中でもインドの訪問者の方々はとても興味をお持ちになったようで展示会閉会時間が過ぎても熱心に商談に耳を傾けて頂きました。
Especially Indian visitors were interested in our business. And they tried to get more information from us even though the hall was closing.
我司此次展出炼油设备和再生树脂,其中印度的参访者非常感兴趣,到了展会结束的时间还很热烈与我们商谈下去。


P1130085.JPG


6日間の展示会開催中に当ブースへお立ち寄り下さった皆様、本当に有難うございました。
We would like to thank all visitors who came to our booth during this exhibition.
非常感谢这六天来我司摊位参观的各位。



展示会総来場者数:集計中
Number of visitors for Plastindia: under counting
总参观者数:统计中


松葉静佳
Shizuka Matsuba
松叶静佳
タグ:展示会
posted by リサイクルエナジー at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会 OUR EXHIBITION

2012年02月03日

自動滴定装置のご紹介

いつも弊社リサイクルエナジーの研究に関心をお寄せいただき
誠にありがとうございます。


研究員の田崎です。


今回はオイルが劣化しているのか?
また劣化しやすいオイルなのか?を
判断するために必要な自動滴定装置を紹介します。



Introduction of Analytical Equipment – acid vale & iodine value

Welcome and thank you for paying attention to our research blog.
This is Tasaki again, researcher in Kitakyushu R&D office.

Today I am going to introduce the analytical equipment for evaluating automatically whether oil is deteriorated or whether the oil is easy to deteriorate.


分析仪器的介绍 ― 酸值和碘值测试

感谢各位对于我司研究寄予关心。
我是田崎研究员。

这次我将在此介绍一种自动滴定的仪器,专门用来测试油是否已经变质、或者油是否容易变质。


            
20120203.jpg


左の装置が自動滴定装置です。
装置上部は取り外しができ、滴定量の違いで入替えます。


 滴定と言えば手動でするビュレットしか触ったことのなかった私には、
「なんて素敵な機械なんだろう!」と感激したのですが、
今では「もっと早く測定してくれ!」と感じるようになりました。
人間、慣れは怖いものです…


少々厳密に説明すると、左が酸価を測定し、右がヨウ素価を測定します。

 酸価とは、オイル中に含まれる遊離脂肪酸を中和するのに
必要な水酸化カリウムのmg数。
酸がどのくらい含まれているかをみるものです。

 ヨウ素価とは、化学物質を評価する数値のひとつ。
対象となる物質100グラムと反応するハロゲンの量を、ヨウ素のg数に換算してあらわす。
C=C結合は変質しやすいので、それがどのくらいあるのか見るものです。


説明すると分かりにくくなってしまうでしょうか…


今後も、色々なご報告をさせていただきたいと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。


On the left side is the equipment. The upper component is designed to be removable and changeable according to the titration quantity.

When talking about titration, the only experience with me is using burette by hand. Therefore the first time when I used this equipment, I was so surprised and thought “how amazing the machine is!” However after getting used to it “Come on! Speed up!” is what I have in mind. How scaring it is for human beings to get used to something…

Strictly speaking the left side is for analyzing acid value and the right side iodine value.

Acid value is defined as the necessary potassium hydroxide (unit: mg) to neutralize FFA which is contained in the oil, and the number shows how much acid is contained.

On the other hand iodine value is one of the barometer to evaluate the chemical substance. The iodine value is shown in the unit of gram, and it is calculated in terms of halogen quantity that has been able to react with each 100g feedstock. C=C bond is easy to deteriorate and we can know the degree by the iodine value.

Well it seems difficult for everybody to understand the details, though…
I will keep updating more information here.


左边这台就是我所说的自动滴定仪器,仪器上面的部分可以依照滴定量换不同的零件。

说到滴定我只有用过手动式的滴定管,所以当我第一次使用这台机器时十分感动;但现在习惯之后反而心裡只想着:快点给我测完!习惯真的是很恐怖的事…

更精密地说明:左边是测酸值,右边是测碘值。

酸值是一种用来中和油裡面的游离脂肪酸所必需的氢氧化钾,用来判断含有多少酸。

碘值是用来评价化学物质的手段之一。其值是从和100克的油产成化学反应的卤素的量换算来的。C=C链是很容易变质的,我们可以从碘值的分析结果判断其程度。

这样说明好像变得更难理解了…
今后我将继续更新任何研究的情报。


タグ:研究
posted by リサイクルエナジー at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究・開発関連

2012年01月16日

COP17 サイドイベントジャパンブース出展のご報告

このたび弊社リサイクルエナジーが出展いたしました COP17サイドイベント(南アフリカ・ダーバン市で開催)について、以下のとおり開催概要をご報告します。

------------------------------------------------

・開催期間 :2012年11月28日(月)から12月9日(金)
・場  所 :Climate Change Response Expo(CCR EXPO)
・出 展 数 :24
・総来場者数:約3500名
・要人来訪 :11/28 ズマ大統領、モトランテ副大統領、
         関経済産業省審議官、堀江外務省特命全権大使(地球環境問題担当)
         12/2 小澤駐南アフリカ日本国大使
         12/3 近藤昭一議員(衆・民主)、田中和徳議員(衆・自民)
         12/5 江崎孝議員(参・民主)、横山信一議員(参・公明)、菅原経済産業省産業技術環境局長
         12/6 北神経済産業省政務官(衆・民主)
         12/7 細野環境大臣、中野外務政務官(衆・民主)、仲野農水政務官(衆・民主)
         12/8 Digug Maqueenカナダアルバータ州政府環境・水担当大臣
         12/9 中野外務政務官(衆・民主) *二回目のご来館

-----------------------------------------------

001.JPG

000.JPG


会期中は、ほぼ全日好天に恵まれ、毎日多くの来場者があったが、一般来場可能ということもあり、学生の来場者も目立ちました。
一般来場者の中には、政府関係者やビジネスマンも多く、各出展内容を熱心に理解し、個々の技術、価格などについて照会も多く頂きました。


改めて我々を含む、日本の技術への関心の高さを感じることができました。


弊社は、これからも このように国内外に関わらず 積極的に油化装置をアピールしてまいります。



タグ:展示会
posted by リサイクルエナジー at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会 OUR EXHIBITION

2012年01月06日

新年のご挨拶

【リサイクルエナジーより新年のご挨拶】


2012aisatu.jpg


日頃より 株式会社リサイクルエナジーをご愛顧いただき、
まことに有難く厚く御礼申し上げます。


弊社は本日 1月5日より2012年の業務を開始しております。
本年もより一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い致します。


皆様にとって 幸多き輝かしい一年になりますよう
お祈り申し上げます。


株式会社リサイクルエナジー 社員一同

----------------------------------------------

A Happy New Year to You.

RECYCLE ENERGY CO., LTD. gets back to serve you from Jan. 5, 2012.

We wish to have your support this year, and hopefully this is a good year for everybody.

best wishes from RECYCLE ENERGY CO., LTD.


---------------------------------------------

新年快乐。

日本环能股份有限公司今年于1月5日开始营业。

衷心期望今年也能受到各位的大力支持;

愿今年对各位将会是大放光采的一年。

日本环能股份有限公司敬上


---------------------------------------------


posted by リサイクルエナジー at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | TOPIC

2011年12月02日

分析機器についてご紹介いたします

Introduction of Analytical Equipment
分析仪器的介绍。

研究所 研究員の田崎よりご報告いたします。
Reporter: Mr. Tasaki (researcher in Kitakyushu R&D office)
北九州研究所研究员 田崎



本日は分析結果ではなく、研究所で使っている分析機器についてご紹介させていただきます。
(分析結果は後日必ず報告します…)
Today I would like to introduce our analytical equipment instead of the analyzing result. (analyzing results will be updated later)
今天我在这裡想介绍的不是分析结果,而是我们研究所所使用的仪器(分析结果今后会再报告给大家)。




まず、油化装置にてできた油がどのような成分なのかを調べる
FIDガスクロマトグラフです。
First of all, this is FID gas chromatograph, used for checking the component of the cracked oil from our plant.
首先这是FID气相色谱仪,主要是用来调查炼油设备所生产的再生油的各种详细成份。


201112_1.jpg




簡単に説明いたしますと、この装置にごく少量の油を入れて、
その油にどのような成分がどれだけ含まれているかを調べる頼れる仲間です。
上の写真の右の装置にマイクロシリンジ(注射器みたいなもの)にて油を
注入すると左のワープロみたいなところからこのような波形が出てきます。
Briefly speaking, this is the machine by which we can analyze the percentage of each component with just a few drops of oil. Like the above picture shows, whenever we pour the oil into the microsyringe (something like injector), the machine like the word processor on the left side will print out a graph.
简单来说这是一台只要加入少许的样品就可以测出油成份的好工具。如上方图片所示,只要把油注入右边机器一个像注射筒的地方,左边像是文字处理机的机器就会印出波形图来。


201112_2.jpg

横軸が時間(min)を表しているのですが、ある時間に現れるピークでナフサ分、灯・軽油分、重油分及びワックス分と判断しています。(これは先に標準試料で調べないといけません)
The horizontal axis shows the passage of time, and by observing the peaks within a certain time frame we could tell naphtha, kerosene/diesel, heavy oil, and wax apart. (we have to check by the standard specimen beforehand, though).
横槓显示的是以分为单位的时间。只要分析某个时间段裡的高峰点,就可以判断出石脑油、煤柴油、重油和蜡成份(要先用标准试料做先行的调查)。




例えば、4分〜10分の間にナフサ分が見られたとすると、その部分のグラフの面積を求めることでそのオイルにどのくらいのナフサ分が入っているかを調べることができます。
For example, if the range from 4-10min indicates naphtha, we have to calculate the total dimension of that part of graph so as to know how much naphtha is contained.
举例来说,如果在4到10分钟之间显示的是石脑油,就必须把那一部分的面积算出来后才知道石脑油佔油成份的百分比。

そしてそれぞれ計算した結果
After the calculation of each part,
分别计算后的结果如下

201112_3.jpg


このような結果になり、各成分の割合が分かることになっています。
This is the result we got. The percentage of each component shows clearly here.
就像这样我们可以得知每种成份的比例。


まだまだお仲間がたくさんおりますで順次紹介していきます。
We still have many different analytical equipments and I will find some other time to introduce them.
还有很多其他的分析仪器,下次有机会再做介绍。




研究員 田崎
タグ:研究
posted by リサイクルエナジー at 15:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 研究・開発関連